のぼりの使い方

HOME 暖簾(のれん)の事本当にご存知ですか?

ただ目立てばいい。
そんな風に置かれたのぼりを街の中で沢山目にします。
のぼりには看板にはないアピール力があります。
しかし、その効果が十分に発揮されているでしょうか。

せっかくののぼりも、使い方を間違っていては効果を発揮できません。
基本的なことですがしわしわののぼりと、ピシッと折り目のないアイロンをかけられたのぼりだけでも与える印象は全然違うのです。

また、ポスターなどと違い、風などで揺れるのぼりは通行人に対し非常に目を惹くのです。
つまり近くから見るものではなく、遠くからでも訴えかけるもの。
そういった根本を見直すことで、のぼりのデザインも変わってくるのではないでしょうか?

のぼり旗と看板

ごちゃごちゃと言葉を並べるよりも端的なコピーが分かりやすい色で配置されたのぼり。それが見やすいことは想像しやすいでしょう。
インクジェットのぼり旗の特徴を十二分に発揮するのぼりの使い方をお教えしたいと思います。