のぼりの使い方

置き方

のぼりはただ並べればよいというものではありません。
目立たせようととにかくたくさん並べているお店がありますが、それはお勧めできません。
多すぎるのぼりはそれぞれのアピール力を削いでしまいますし、圧迫感を与えます。
適度な間隔で配置してこそ、のぼりの内容を理解してもらうことができ、内容をアピールすることができるのです。
一般的にのぼりの間隔は180cm程度がよいとされています。
これは隣同士が重なりあうことなく、内容を認識しやすい間隔とされています。

何でもやりすぎはダメ。
いいものでも逆効果になってしまいます。

また、連続して並べるときはデザイン違いや色違いを互い違いに並べるなんてのもおすすめです。
リズム感が表現できるのと、無意識のうちに刷り込み効果で見ている人の脳内に刻み込まれます。
街に出てのぼりの配置を意識しながら見てみましょう。
実感としてこれは目に留まる、これはやりすぎ…なんてものが見つかるのではないでしょうか。

客観的に見ることで非常に冷静に分析ができます。
他店の調査分析って大事ですからね。