のぼりの使い方

デザイン

かつては真四角しかなかったのぼりの形も最近では角をラウンド状にカットしたものなど、 バリエーションが出てきました。
のぼりといえばかなり大衆的なイメージがあり、業種によってはそぐわないと思われていた方もいるかもしれませんが、
こういったスタイリッシュなデザインを選ぶことで、うちにも作ってみようかな!と思われる店舗もあるでしょう。

のぼりとスタイリッシュ。
かつては結びつかないイメージのものだったのではないでしょうか。
それが今ではカットの方法やのぼりの素材自体が多様化したことで、多くのイメージを表現することが可能です。
ですから、今までのぼりを取り入れていなかった業界でも広告宣伝としてののぼりの活用を考えてみるのも良いのではないでしょうか?
現に、街中にも高級感が伝わるようなのぼりも出てきました。
色味や文字デザインなんかでもスタイリッシュに見せることができます。
組み合わせ次第で無限に可能性があるので、こんなのはどうだろう?と思いついたものは気軽に相談してみるといいでしょう。