のぼりの使い方

ジャンボのぼり

車を運転していたり、歩いていると、お店の広告用の、のぼり旗を目にしますが、動いている場合、何が書いてあるのかわかりづらいことがあります。広告は自然と目に飛び込んでくるのが一番良く、定番のサイズの縦180センチ、横60センチののぼり旗では、わざわざ、旗を見るために車を止めるわけにもいかず、見逃してしまうこともたびたびあるのです。

お客が、お目当てのお店を探すのにしても苦労してしまうことがあり、これでは、道路沿いに何十枚ものぼり旗をたてなくてはならず、周辺から苦情が来たり、かえって費用がかさんでしまうこともあるわけです。

ジャンボのぼり旗の効果は、なんといっても、定番サイズの2.5倍の縦270センチ、横90センチのサイズなので、遠くからでも人の目につき、広告効果は抜群です。実際にのぼり旗を立ててみるとわかりますが、かなり大きいサイズで、文字も大きく書くことができ、迫力のあるのぼり旗がたてられるわけです。製作料金は、定番サイズよりも高くなりますが、作り方により大幅に安く作ることも可能で、広告効果を考えれば、ジャンボのぼり旗は、リーズナブルと言えるでしょう。

ポールを通す輪っかも上面、横、底面と付けることができ、風の強い日でも安心で良くなびいてくれます。

大きな看板が目につくのは、当たり前ですが、スペースが広い分、他店と差をつけた、オリジナル調ののぼり旗を作ることもでき、集客に大きな効果を発揮するのです。