のぼりの使い方

素材

古くはのぼり旗は竹に通して使用していましたが、現代ではスチール素材に樹脂コーティングをしたものが主流です。

焼却しても有毒ガスを出さない樹脂が使用されているなど環境に配慮されています。

屋外で使用することが多いのぼり旗の支柱は、耐久性と量産性を考えて軽くて丈夫な素材に変わっています。

標準の太さは22mmで、長さはアジャスターで調節できるようになっています。

標準は3mほどですが、4mのものもあります。

上部の横のかんざし部分は中に収納できるようになっていて収納時も便利です。

色は白をはじめ各色揃っています。天然の竹に見立てたように加工されたものもあり、和風の飲食店には好評です。

海の近くで使用する際に汚れや塩害での錆びが心配されますが、ステンレスのポールも発売されています。

案内係で使うような手持ちののぼり旗には、アルミ製のスライド式ポールもあり、卓上に置く小さいのぼり旗にはポリプロピレン製のスタンドもあります。
一度気にしてみてみると、街には様々なのぼりが溢れています。